Menu
トップページ » ブログ体験記 » 新たな利益を求めて新天地へ!アキシオリーでさらなる飛躍を目指す!

新たな利益を求めて新天地へ!アキシオリーでさらなる飛躍を目指す!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!みんな元気かな?

だんだんFXに慣れてきて余裕が出てくると、

トレード環境を変えてみるとさらに利益が伸びるんじゃないか、なんて思うようになる!

こうやってトレーダーは新天地を目指すように、いろんな業者に手を広げていくんだろう。

そんなジェームズもいくつか業者を掛け持ちしてるんだけど、

そのひとつがこれ、ア キシオリー(Axiory)

ここを選んだ理由は、もうひとつNDD方式の業者を使ってみようと思ったからだ。

NDD方式ってのは、簡単に言うと、

注文が業者の裁量で約定されず、

ダイレクトに為替市場に流れてそこで約定する方式だね。

為替市場のレートそのままに約定するのでトレードの透明性が高い。

反面、業者による注文のとりまとめがないので、スプレッドの幅は大きくなる。

【徹底解剖】2014年大注目のNDD(1) (ザイFX!)(注1

アキシオリートレードの透明性、公正さに力を入れているらしく、

サイトでは注文がどのようなルートを通って市場に出るのかを詳しく解説している。

NDDってなに?って人も、一度、目を通しておくと参考になるかも。

トレードツールはもうおなじみのMT4。

これ、いちおう移動平均は引いてるんだけど、こっちはメインで使ってないんだよね。

メインなのは、このCCIっていうインジケータだ。

オシレータ系に分類される指標で、売買の過熱感を教えてくれる。

見方は簡単で、100より上ならば売りサイン、

-100より下なら買いサイン、

というふうになる。

使ってる人をあんまり見かけないけど

使いやすくて信頼できるいいインジケータだと思うよ。

ただし、オシレータの宿命として、騙しサインというのも存在する。

そこで、MACDを使用し、スクリーニングにかける。

MACDは、0より上なら上昇トレンドの状態、

0より下なら下降トレンドの状態というふうに解釈していく。

CCIMACDを組み合わせた例がこちら。

CCI-100に到達したので買いサインが点灯!

そこでMACDを確認。

いまだ0より上方に位置しているので、上昇トレンドは継続中と判断する。

したがって、買いでエントリー!

こんなふうにトレードしていくことになるね。

赤い破線が買いを入れたラインになる。

ちょっとだけプラスになってるね。

ここからは、どこで利益確定をするかという判断になる。

ここで活躍するのがCCI

もう100を超えてしまっているね、これは売りのゾーンだ。

よって、もうここで決済してしまおう。

CCIの伸びに対して、レートの幅はそれほどでもなかったね。

利益を伸ばすには、今後、このあたりの研究が必要になるかもしれない。

トレードを重ねてデータを積み上げていこう。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)【徹底解剖】2014年大注目のNDD(1) (ザイFX!)

アキシオリー(Axiory)口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved