Menu
トップページ » ブログ体験記 » 利益と損失の境目は?どこまでリスクを許容するかがFXのポイント!

利益と損失の境目は?どこまでリスクを許容するかがFXのポイント!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

このあいだのドル円暴落から

かなり時間がたって

XMドル円チャート

ずいぶん落ち着いてきた!

だから、

今日はテクニカルで攻めてみようと思う!

日足ドル円チャートだ!

円高が落ちついて上向きつつあるな。

上の2本の平均線に挟まれたゾーンに

ローソク足が入ってる。

上は高値の平均で中央は中央値の平均だ

この2本に挟まれた状態を維持しているので、

いま、ローソク足は高値から安値の幅のうち、半分より上に位置していることになる。

これはいま上昇の力が強いって証拠だね。

1時間足で見ると、

かなり強く上昇してるのがわかる。

そして、

いままさにいい押し目が来てるね!

ここはぜひ買わねば。

今回は3本の平均線を基準にしたトレード。

だから損切りもそれに合わせて設定しようか。

損切りは107.00、

つまり下側の平均線を下に抜けたあたり。

下側の平均線はここまでの安値の平均値だ

これを下回るということは、

これまでの安値の推移から外れたイレギュラーな動きということになる。

つまり、下降トレンドに入った可能性が出てくる

ただ、

一時的にそこまで落として戻すという動きもときどきある。

だから、ちょっと余裕を持たせて深めに。

3~4時間後のようす。

うーん・・同じところで足踏みしてるなあ・・

下の2本の平均線に挟まれたゾーンに

入ってるのが気になる。

中央値の平均線と安値の平均線に挟まれているということは、

高値と安値の値幅の下半分に滞在しているということだ。

これは下げる力のほうが勝ってきていると考えられるからね。

まだ決定的な下げトレンドではないけど・・・

ここは引いておこう。

チャンスはいくらでもある・・・

ところがその直後からローソク足が伸びる伸びる。

まるで自分が決済するのを待っていたかのようだ・・・

こう見るときれいな押し目だなあ。

後からチャートを眺めると

誰でも勝てる相場に見えるよね・・・

FXは相場の予想も大事だけど

どこまでリスクを許容して

ポジションを維持するかがカギになるって感じだ。

さらになかなかやりづらいが、損切りや撤退後に買い直すというのも有効らしい。

「損切り貧乏」を回避する投資テク1:やってはいけない3つのこと(楽天証券)(注1

これが相場のテクニックってやつかねえ。

俺もまだまだ修行が必要だな・・・

というわけで

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)「損切り貧乏」を回避する投資テク1:やってはいけない3つのこと(楽天証券)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2021 ©fxbeing.com All Rights Reserved