Menu
トップページ » ブログ体験記 » 新型肺炎という未知の存在!為替への影響はどうなるのか?

新型肺炎という未知の存在!為替への影響はどうなるのか?

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

今回もなかなかエントリーできなくて悩み中・・・

50日線、200日線ともに上回った上昇トレンドのなかで、

売りで入っていいのか?ということだね。

XMを開いてみると、CCIの売りサインは出ている。

過去チャートでもこれで結構うまくいっている場面はある。

でも、担ぎ上げられる場面も同様にあって、判断が難しい。

お試しでエントリーするという手もあるんだけど、

どこで損切りするのか、その基準をまだ見つけられてないんだよなあ。

損切りのルールなしでエントリーするのは怖いので、二の足を踏んでいるという状態だ。

そうこうして迷っているうちにドル円はぐぐっと下落。

CCIも一気に-100を割り込むことに・・・

今回は売りが正解だったか・・・

この急激な下げの要因は、中国で発生した新型肺炎らしい。

新型肺炎リスクが浮上する為替市場、SARS流行時と比べる「深刻度」(ダイヤモンド・オンライン)(注1

これは買いチャンスかと思いきや、また前回と同じ問題が。

うーん、絶妙に50日線を割り込んでいる・・・

50日線はトレンドの分岐点ということなので、下回った場合は下降トレンドといえるのだが・・・

これが前回のように政治リスクであれば、ここで買うつもりだった。

でも今回は新型肺炎ウイルスという未知のファクター

これが今後、どのように為替に影響を及ぼすのか、いまいち判断がつかない。

いったいどうすれば・・・

そうこうしているうちに、CCIが-100を上回った

これは2つ目の買いサインだが、ここでも踏ん切りがつかず。

この状況としては、200日線を50日線にかわる基準として据える、という手もある。

もう相場は天井に近いので50日線とは常にもみ合う形になっており、

トレンド判断の基準にするのは難しい。

しかし、比較的、直近の動きに反応が鈍い200日線ならトレンド判断しやすくなるかも・・・

とはいえ、今回のエントリーは結局見送り

このコロナウイルスという未知の出来事に対して、経験があまりに足りない・・・

収束に半年という話もあり、そうなると長期的な下落につながるかもしれないしね。

ちょっと経過を観察して、200日線がうまく機能するかどうかも観察しようと思う。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)新型肺炎リスクが浮上する為替市場、SARS流行時と比べる「深刻度」(ダイヤモンド・オンライン)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

よく読まれている人気ブログ

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2020 ©fxbeing.com All Rights Reserved