Menu
トップページ » ブログ体験記 » 雇用統計の結果は良好!しかし円高の流れは変わらず・・・

雇用統計の結果は良好!しかし円高の流れは変わらず・・・

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

1日1回のチェックで挑むXMで の日足トレード、今回も張り切っていこう!

前回のラストで買いを入れ、今回は週末の雇用統計待ち!

雇用統計の結果次第で今度の利下げの幅が決まるので、

ドル円にもかなり影響の大きい回となるだろう。

結果が良ければ、利下げ幅縮小でドル円は↑となるはずだが、

先に出たADP雇用統計の数値はいまいち。

やはり円高傾向に変化はないかも・・・

と思ったら、雇用統計はかなりいい数字が出た。

ADPってあんまりアテにならねえな・・・

米6月雇用統計22.4万人増、賃金上昇緩やか 7月利下げ既定路線か(ロイター)(注1

利下げが行われるのはほぼ確定だけど、幅が0.50%から0.25%になるとの予想から、

ドル円は買い戻しが入った。

予防的利下げなんて言われているように景気はいま、それほど悪くない。

そろそろ円安回帰の流れが来るか?なんて思うわけだが、

ちょうど上昇トレンドと下降トレンドの境目である、50日線に到達している。

売り目線なら、最後の売りポイントになる。

うーん、これはどうすべきか・・・

50日線で上と下をわける考え方なら、売っておくべきところだよな~。

ただ、利下げ幅はどうあろうと0.25%だと思うので、

これ以上、突っ込んで下げることはないような気もする。

ここでいったん上昇トレンドへの回帰かな、と踏んで、ここは待機してみよう・・・

ところがこれが大外れ!

そこからまた下がる下がる・・・

パウエル議長、利下げ示唆-力強い労働市場より下方リスクを強調(ブルームバーグ)(注2

FRB議長が、この間の雇用統計のいい結果を受けても利下げは必要、との見解を示した。

まあ、それはいいんだけど、なぜか利下げ0.50%説が復活。

なんでやねん!といいたいところだが、これがトレンドなので仕方ないね・・・

さらに利下げ慎重派と思われていた理事が、利下げを容認する発言をして、

ドル円は一段と下へ。

もう直近の最安値を更新しそうなレベルに到達、うーむ・・・

しかし、「あれは学術的な意見であって、実際の方針とは違うよ」的な火消し発言が出て、一気に買い戻し。

振り回されてますなあ・・・

そんなこんなで来週は利下げが行われるであろうFOMC

利下げ後の動きについては、好調な経済を受けてドル円は上昇するんじゃないかな~と。

でも、日米交渉も始まるからなあ・・・

トランプ大統領は何言い出すかわからないのが怖いね。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)米6月雇用統計22.4万人増、賃金上昇緩やか 7月利下げ既定路線か(ロイター)

(注2)パウエル議長、利下げ示唆-力強い労働市場より下方リスクを強調(ブルームバーグ)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved