Menu
トップページ » ブログ体験記 » ドル円暴落中!チャート重視の方針が裏目に・・・

ドル円暴落中!チャート重視の方針が裏目に・・・

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

XMでのCCIを使ったトレードなんだけど、

いまいち利益が伸びないことにいまだ悩み中…

CCI-100~100の範囲に戻ったのを確認してから入ると、

この画像のように大きく下げたあとのエントリーになっちゃうんだよねえ。

できれば落ち始める前、大きな陰線の始値あたりで売りたい。

もし、100以上、-100以下に出た瞬間にエントリーするのであれば、

かなり良いポジションを取れる場合が多い。

ただ、この方法だとちょっと問題があって・・・

CCI100を超えても上昇が止まらない場合、

低い位置での売りになってしまうことがある。

この画像だとまだ、同値で撤退できるからいいけれど、

どんどん上げていく場面もあり、その場合の損切りはけっこう痛い。

これは別のインジケータを加えるか、エントリー手法でカバーするしかないかなあ。

今回も結局迷って、安全策を選択。

-100より上に戻ったのを確認してから買いでエントリーしてみる。

が、どうにも勢いがない。

25、75の両平均線を越えられず。

ここで退いておけば良かったんだけど・・・

CCIは100まで届かずに失速・・・

損切りになってしまった・・・

うーん、今回はいろいろと中途半端だった。

米中発端の円高止まらず、年内1ドル=100円割れあるか(ブルームバーグ)(注1

ドル円が暴落気味に下げている中での買いは控えておくべきだったね。

このCCIの手法では、できるだけチャート重視で行こうと思ってはいるんだけど、

やはり最低限のファンダメンタルズは見ておいたほうがいいか・・・

あと、次からは、このようにCCIの100圏内からの逸脱と帰還の2段階で売り買いする、

というのを試してみようかなと。

ナンピン気味なトレードになってしまうけれど、

これまでのチャートを検討するにけっこう機能する気がする。

最初の売りでうまく行けば、2回目はエントリーなし、ってふうにやれるしね。

では、

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)米中発端の円高止まらず、年内1ドル=100円割れあるか(ブルームバーグ)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

よく読まれている人気ブログ

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved