Menu
トップページ » ブログ体験記 » 今度はタイタンFX!食わず嫌いだったフィボナッチで新トレード!

今度はタイタンFX!食わず嫌いだったフィボナッチで新トレード!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

リスク分散のために複数のFX口座を開いているという人は多いだろうけど、

ジェームズもご多分に漏れず、いくつかの口座を持ってる!

今回はそのうちのひとつ、タイタンFXでのトレードについて書いていこう。

タイタンFXを選んだ最初の理由は、もうひとつサブ の口座を持ちたかったからだね。

めったにないことだけど、システムエラーや地域的な接続障害でトレードがしにくくなることがある。

なので、サブの口座をいくつか持っておくと、いざというとき役に立つ。

例えば、ポジションをクローズできなかったりするとき、

両建てになるような形でポジションを立てておけば、一息つけるだろう。

それにここは資産の信託先がオーストラリア最大手のNAB。

日本にもいくつか支社があるくらいのでっかい銀行だ。

資金の置き場所として信頼できるのも大きいね。

最初はサブのつもりだったんだけど、チャートはおなじみのMT4が使えるし、

ちょくちょくこっちでもトレードを試すようになって利用頻度が上がってきた。

なので、タイタンFXのトレードについても、ちょっと記録していこうか、となったわけだ。

タイタンFXのほうでメインの参考にしているのが、このフィボナッチリトレースメント

これまで食わず嫌いで使ってなかったんだけど、

市況ニュースの分析などでもよく出てくるし、使い方にそろそろ慣れておこうかと思って、触り始めた。

フィボナッチリトレースメント(FXブロードネット)(注1

このフィボナッチリトレースメントでわかるのは、

トレンドの最中、レートが一時的にどこまで戻すのかということ。

強いトレンドなら38.2%戻し。

弱いトレンドなら61.8%戻し、となる。

また、半値戻しの50%もよく使われる。

そのラインで拾ったりするわけだね。

これはドル円、日足のチャートなんだけど、

ツールを使って直近の安値と高値を結ぶと、フィボナッチのラインが表示できる。

現在、レートは落ちに落ちて、61.8%のラインまで落ちてきたということだね。

上昇トレンドが継続されるなら、ここが底になって上昇を再開するはずだ。

買いで注文を入れてみよう。

これもお試しなので最小単位でテスト。

MT4のフィボナッチで便利だなと感じるのは、

1時間足に切り替えてもラインはそのまま表示してくれることだね。

日足ではよくわからなかった、ライン近辺の細かな動きもよくわかる。

買いを入れたレート(赤い破線)付近でもみ合ってるのがわかるかな?

この61.8%ラインで反発してくれればいいんだけど・・・

そこから動きがぜんぜんなくなってしまった。

いま、トランプ大統領の対中関税発言でドル円は下押し気味。

この余波が収まって、上昇を再開するまで、

数日はかかるかもしれないね。

まあ、気楽に待とうか。

では、次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)フィボナッチリトレースメント(FXブロードネット)


タイタンFX (Titan FX)口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved