Menu
トップページ » ブログ体験記 » ドル/円の値動きをちゃんと見て過去をのりこえたのでした

ドル/円の値動きをちゃんと見て過去をのりこえたのでした

| by | ブログ体験記

ジェットオプション (J.E.T OPTION)を開いた姫乃、

過去の負けた経験が頭をよぎります!

バイナリーオプションは、それなりの値動きのあるときにしたほうがいい

という教訓だったよね。( ノД`)

特に30秒や1分、5分という短期の回だと値動きの大きさが欲しいのはわかる!

それで9月6日の夜、アメリカの雇用統計をみたけど、

値動きが早すぎてついていけなかったのです。

先輩にも「雇用統計のときはやめたほうがいい」と言われたよ。

※米雇用統計(注1

いまドル/円(USDJPY)のチャートを出してるんだけど、派手な値動きじゃないね。

でも、雇用統計の直前はほんとうに動かないから、

今くらいならバイナリーオプションできるかも。

みんなに注目される非農業部門雇用者数だけど、13万人だった。

最近はあまり変化がないんだね。

※非農業部門雇用者数(注2

今はトレンドのないレンジ相場というやつです。

なので上と下にラインを引いて、上がったらLOW(下)を買うという技にしよう。

もちろん、下がったらHIGH(上)を買います。

こういうの逆張りとかいうね。

上のラインに触ったらLOWを買おう。

通貨ペアや判定時間、投資金額にまちがいがなければ、購入しよう。

ペイアウト率は普通だけど、勝ちやすい「SHORT」にしました。

上に「購入完了」と出てるから成功してるね。

この画面にも慣れてきたよ。

バイトも忙しいけど、定期的にログインしなきゃって思うな。

1分足を見続けています。

判定時間は30秒だから、忍耐強くなくてもいいね。

前に引いたラインに届かず下がってしまいました。

ストキャスティクスの買われすぎの近くで下がったのもあって、

LOWで大丈夫だと思ったよ('◇')ゞ

※ストキャスティクスとは(注3

これはわかりやすく勝てた!

ラインが有効なら逆張りという方法がすごくよさそうだね。

でも、上昇する力があればいつかこのラインの上に行ってしまうかもしれない。

まだまだ勉強だな~。

またね!

■■■■脚注■■■■

(注1)雇用統計(ヤフーファイナンス)

(注2)特集 雇用統計【2019年8月22日更新】(ジャパンネット銀行)

(注3)ストキャスティクス(FXブロードネット)

ジェットオプション(J.E.T. Option)口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2020 ©fxbeing.com All Rights Reserved