Menu
トップページ » ブログ体験記 » 売りをスルーするのは正解・・・だけど買いで入れるポイントがない!!

売りをスルーするのは正解・・・だけど買いで入れるポイントがない!!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

なんとか微益だけど買いで利益を取れたのが前回のXMトレード!

そこからいつもならドテン売りなんだけど、ファンダメンタルズはどう考えても上・・・

なので、売りは見送っている。

CCIでも2つあった売りポイントをスルーしている。

この判断が吉と出るか凶と出るかだが・・・

現在、ローソク足50日線と絡み合うように推移している。

なので、チャート上からは上昇トレンドなのか、それとも下降トレンドなのかは読み取りにくい。

ただ、現在のドル円のトピックは、主にアメリカの緩和縮小がいつ行われるのか、ということ。

米連邦準備制度のテーパリング議論はインフレ期待上昇への先制攻撃(ブルームバーグ)(注1

経済指標が発表されるごとに、このテーパリング時期への憶測が飛び交い、

良い数値がでるたびにドル円は上へ引っ張り上げられるだろう。

よって、売りは危険、ということになる。

実際に、売りをスルーしたのは正解で、

CCIは-100に到達することなく、100に戻してしまった。

もし、売っていた場合、売りはここで損切りになっていただろう。

まあ、わずかな損失なので、利益を追求する際の参加費用、と考える方法もあるだろうけど、

いまの状況は上方向への志向が強いので、スルーした。

そして、CCIが100を超えたので売りポイントでもあるが、同様の理由でスルー・・・

うーん、ちょっと消極的すぎるかなあ?

結果的にこの売りのスルーも正解といえば正解。

今回もCCIは-100を割らなかった。

CCIが-100を割ったところで利確なので、

今回も売っていれば利益確定できなかった、ということになるね。

もし、売っていたと仮定するならば、その後の動きはこうなっている。

こっちもわずかに損失を出して撤退、ということだね。

まあ、ここらへんはわずかに損をするかしないか、という程度の問題なのだが、

厄介なのは買いで入るタイミングがないということ。

CCIが-100を割ってくれないと買いサインにならないのが一番の悩みだね。

前回の買いのように、分割でCCIが0の時にでも買いを放り込んでみるか。

でも、前回それでいまいち利益が伸びなかったからねえ。

もうそろそろしっかりと下げきって、いい押し目を拾わせても欲しいんだけどね。

過去に前例のないコロナという環境下では、

いろいろと工夫をしていかないといけないのかも?

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)米連邦準備制度のテーパリング議論はインフレ期待上昇への先制攻撃(ブルームバーグ)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

よく読まれている人気ブログ

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2021 ©fxbeing.com All Rights Reserved