Menu
トップページ » ブログ体験記 » コロナショックでドル円大暴落!ここでの逆張りはアリなのか?

コロナショックでドル円大暴落!ここでの逆張りはアリなのか?

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

謎の押し上げで112円をマークしたあと、ドル円がどうなったか…

めったに見れるものじゃないので、ここでも紹介しておこう。

この時点では112円

コロナがこれから広がるってのになんでだろう?と首をかしげていたところ・・・

これがこうなって・・・

さらにこうなり・・・

とうとうこうなった。

為替も落ちる時はほんとうに一瞬だな・・・

現状、すべての平均線を下回った状況であり、

トレンドは完全に下を指している。

CCIは270という暴騰状態から、-200へと急落。

100と-100を基準としている自分としては、

針が振り切れている状態で、手の出しようがない・・・

このようにトレンドとは逆方向に入る手法は前から課題としてきたんだけど、

まだ確立しきれていないなかでこのコロナショック

いきなり実戦投入は怖すぎるので様子見・・・

そもそもこの状況。

落ち着くまでにFRBをはじめ、さまざまな要因が参加してくる。

FRBがレポオペの供給額拡大、1750憶ドル 4月中旬まで(ロイター)(注1

目線は下でいいだろうけど、当局などの介入によるサプライズも頻発する。

そして、終息までまだ目処が立たない伝染病。

先の読めない展開が多すぎてリスクを管理しきれていないので、

お手上げという感じだね。

現物株なら買い下がりでもいいんだろうけど、FXではねえ・・・

CCIが-100圏内に復帰。

買うならここだろうが、すでに105円まで値を戻しており、

二番底を狙う動きが来るとえらいことになる。

やっぱりここはひたすら守りに徹しよう

そして、最新XMのチャートがこれ。

あそこでの買いが正しいのかはまだ結果が出ず。

次回でたぶん答え合わせができるだろう。

まあ、順調に戻ってくれれば、CCIが100を超えたところで戻り売りできるし、

そこが本命かな。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)FRBがレポオペの供給額拡大、1750憶ドル 4月中旬まで(ロイター)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2020 ©fxbeing.com All Rights Reserved