Menu
トップページ » ブログ体験記 » 弾劾騒ぎがあっても50日線を回復!スタンス変更でノーポジへ!

弾劾騒ぎがあっても50日線を回復!スタンス変更でノーポジへ!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

基本、売り目線のなか、ドル円は上昇し、

フィボナッチの50%に接近したところからスタートだ!

ちょっとここでXMの チャートを弄る。

50日線も見たかったのでこれを追加して色を変更。

5日線(黄色)、25日線(水色)、、50日線(赤色)ってな感じで表示してる。

この50日線がトレンドの分かれ目になりやすいので、

今後の転換に備えて準備しておいたってわけ。

では、続きを見ていこうか!

FOMCは市場予想の通り、0.25%の利下げを決定。

その前後のどさくさで50%ラインでの売りが発動した。

これで売りは、38.2%、50%の2本となったわけだが・・・

ホワイトハウスから対中関税を100%にする用意がある、との発言が飛び出し、

ドル円は下降に転じる。

まさに狙い通りという展開だけど、ちょっとここでポジション調整。

50日線をずっと超えて維持しているというのは少し気になる。

もう上昇トレンドに転換したんじゃないかっていう疑念だね。

そこで、38.2%ラインでの売りだけは解消しておく。

50%での売りがあるから、ここから下がってもそれなりの利益は取れるからね。

ここから50日線を挟んでドル円がどう展開していくかが重要だな・・・

50日線をサポートに上がっていけば上昇トレンドはほぼ確定なんだけど、

そこでまさかの出来事が!

ウクライナの大統領とのやりとりを巡って、

トランプ大統領に弾劾の可能性が出てきた!

その勢いでドル円は50日線を割り込んでしまう・・・

これはまた、下げトレンドに転換か!?

なんて思ったんだけど・・・

焦点:トランプ氏弾劾訴追は可能か、職権乱用の証明が鍵(ロイター)(注1

もともと上院はトランプ大統領が所属する共和党が握っているし、

疑惑自体もどうにでもとれる内容のようだ。

そこまで延焼はしないんじゃないか、というのがジェームズの見立てだね。

ドル円のスタンス的には、上向きの中立って感じだろうか。

やっぱり弾劾騒動はそこまで広がらなかった。

ドル円は50日線を回復し、ふたたび上昇軌道へ。

これはもう上昇トレンドと判断してもいいかな・・・

というわけで、念のため、50%ラインの売りも解消しておく。

これでノーポジだね。

しばらくは50日線を基準にトレンドの見極めに入ろうかな。

完全に上昇に移ったなら、フィボナッチも引き直さないといけないしね。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)焦点:トランプ氏弾劾訴追は可能か、職権乱用の証明が鍵(ロイター)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved