Menu
トップページ » ブログ体験記 » 直近の動きが大きなヒントに?歴史とチャートは繰り返す!

直近の動きが大きなヒントに?歴史とチャートは繰り返す!

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

前回のラストで宣言したとおり、今回は2段階のエントリーで攻めてみようと思う!

CCIが100を超えたところで売り。

さらにCCIが100圏内に落ちたところでも売り。

これで最初の売りからさらに上昇があった場合でも対応できるはず・・・

XMを開いてみると、早速テストのチャンスが来たので、エントリーしてみる。

CCIが100を超えてきたので・・・

まずは1つ目の売りを発動!

さらに様子を見るが・・・

CCIが100以下に落ちたので2発目のエントリー・・・のはずなんだけど、

さっきエントリーした水準よりもレートは下にある。

2段階で攻めるのは、1回目のエントリーでの読み間違えをカバーするため。

1回目のエントリーでいいポジションをとれているなら、2回目のエントリーは不要だね。

というわけで、2発目のエントリーはなしで!

あとは下がるのを待つだけなんだけど、ちょっと気になる部分が出てきた。

CCIが-100より下に下がった時点で利益確定なんだけど、

ちょっと前の部分では、-100に到達せずにまた上昇に転じている。

そこで、今回も同じ展開になるのでは?という疑念が浮かんだわけだ。

単純な予想ではあるけど、これが意外と馬鹿にできない。

チャートはわりと直近の動きを繰り返すんだよね。

チャートの見方(野村證券)(注1

そもそもチャート分析自体が「歴史は繰り返す」という考えの上に立っている。

なので、直前の動きを参考にするってのもけっこう有力なやり方なんだよね。

念のためにここで利確しておく、利益は微々たるものだけど・・・

では、その後の答え合わせ。

いちおうは-100に到達しているのかな?ギリギリだけど・・・

ただ、ここで利確しても利益はほぼかわらず。

最安値はもう少し下げてるけど、そこで利確する手がかりがないので無理かな。

全体的に上げの圧力が強いようには感じるね。

ただ、-100を跨いでくれないとエントリーのサインが出ないので、手を出せないのが難点。

トレンドの出ている方向にエントリーしづらいのはちょっと問題かもなあ。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)チャートの見方(野村證券)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved