Menu
トップページ » ブログ体験記 » 米中摩擦でまたもドル円安値更新!この下げトレンドはいつまで続くのか!?

米中摩擦でまたもドル円安値更新!この下げトレンドはいつまで続くのか!?

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

FOMCが終わってドル円が上昇していくようなら、売りポジは全部解消するつもりだったんだけど、

そこで思わぬサプライズが起きた。

XMを開いてみると、 一気に2円の急降下。

原因はトランプ大統領の対中関税第4弾の発表だね。

過剰反応のような気もしないでもないが、これで両方の売りが一気に含み益状態に!

チャートが直近の最安値、フィボナッチの0%に接近したので、

このあたりで利益確定しておく。

このあたりで反発するだろうし、また23.6%まで戻したら売りで安定だな。

なんて思っていたら、一気に最安値を更新!

関税に続いて中国を為替操作国に認定したらしい。

第4弾対中関税制裁と為替操作国認定に対する中国の反応(ニューズウィーク)(注1

為替操作国認定の条件を満たしていないのに認定した、

認定する時期は決まっているがそれを無視する突然の発表だった、

などなど、数々のサプライズが含まれていたようで、衝撃は大きかったようだ。

かくいうジェームズも慌ててフィボナッチのラインを引き直し。

だいぶチャートを縮小しないといけなくなったな・・・

それだけドル円の下落が長期にわたって続いているということか。

中国が元の目標レートを高めに設定するなど融和ムードで少し落ち着いたかと思ったが、

夏休み休暇の薄商いを突かれたのか、断続的な下げでまた安値を更新。

これはどこまで掘るんだろう・・・?

ふたたびラインを引き直して待つ。

そのあと、トランプ大統領が電話会談を行ったようで、それを受けてドル円は大幅続伸!

特になんの成果も示されなかった割にすごく伸びている。

やっぱり、落ち方が過剰反応だったぶん、戻しも早いと言うことなのだろうか?

逆イールド発生という出来事でいったん落ちたが、また上がってきたところを捕まえて、

23.6%に売りをひとつ追加!

やはり下げトレンドは継続っぽいなあ、本当に売り安定だわ。

その後は、特に動きもない日々が続く。

うーん、少しずつ安値を切り上げてきてるのが気になるな。

流れが変わるとまた、38.2%ラインを狙う展開になるかもねえ。

まあ、明日のジャクソンホール会議での、パウエル議長の講演の内容次第だね。

では

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)第4弾対中関税制裁と為替操作国認定に対する中国の反応(ニューズウィーク)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved