Menu
トップページ » ブログ体験記 » 50日線サポートで拾うことには成功!しかし後が続かない・・

50日線サポートで拾うことには成功!しかし後が続かない・・

| by | ブログ体験記

やあ、ジェームズだ!

みんな元気かな?

前回、おおまかにXMで のこれからの方針を説明したんだけど、

チャートの設定に少し訂正を加えたいんだ。

前回、ボリンジャーバンドのパラメータ50にしたんだけど、

それを25に変更した。

50だとバンドの幅が広くて、トレードの手がかりにする機会に乏しいと感じたんだよね。

例えば、50日線(赤線)を少し割り込んだけれど、

結局、50日線に支えられ、さらに上昇したこの場面。

25日のボリンジャーバンド(灰色)にサポートされたかたちになっている。

50日線はトレンドの分岐点ではあるものの、そこをかなり割り込んでしまうケースは多い。

そこで、一時的に割り込むとしても、

どこまで下げるのかを知る手がかりが欲しかったんだよね。

50日のバンドではあまり機能していなかったので、

25日のバンドを利用しようと思ったわけ。

もちろん、50日平均線は残すよ。

これがトレンド判断のメインであることに変わりにはないからね!

さて、毎日、朝にチャートをチェックしているんだが、

さっそくエントリーの機会がやってきた!

上昇トレンドの分岐点である50日線のところまでレートが落ちてきてる。

とりあえずは、ここでひとつポジションを持っておくのが定石だろう!

だが、気になる部分もある。

MACDの本体がシグナルを下に突き抜けようとしている。

これはいわゆるデッドクロスで下降トレンドへの転換を示すサインだ。

チャート読解の基礎知識(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)(注1

まさにいまこの瞬間が、上昇と下降の分岐点というわけだね。

しかし、ここでビビっていては始まらない。

ある程度の損切りは覚悟しつつ、複数ポジションを展開していくのが今回のトレードの方針だ。

ダメならダメでルールに沿って損切りすればいい。

ここは強気の買いだ!

そして翌朝!

おおっ、一気に上がってる!

この青い矢印の部分がエントリーした位置だね。

上昇トレンド継続と読むならば、ここでさらに買いを追加するんだが、

長らく超えられなかった天井の112円ラインがすぐそばに来ている。

よって、ここは決済してしまい、下げのターンを待とう。

利確もポジションリストのバツを押すだけだから楽だね。

ポジションを解消すると、こんなふうにチャートに履歴が残るのか。

これもわかりやすくていい!

複数のポジションを管理して研究するにはうってつけだ。

そして、突然、話は1週間後に飛ぶ。

いや、毎日チャートはチェックしてたんだけどね。

112円を超えられないのはいいとして、そこからずっと膠着状態。

トレンドに沿ってポジションを積み増すスタイルとしては、

なかなか実戦練習ができなくて困ってしまうね。

だが、そろそろMACDもふたたびデッドクロスを狙いそうだし、

ようやく動きが出てくるかな、といったところ。

チャート的には、下げのターンが始まりそうだね。

では、

次回もまたよろしく!

■■■■脚注■■■■

(注1)チャート読解の基礎知識(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)

XM - XM Trading口座開設詳細を見る

FX体験ブログ

FX・バイナリー海外業者

海外FX完全ナビ

FX国内業者

転載・複製は厳禁です
Copyright 2019 ©fxbeing.com All Rights Reserved